南国和輝のプロフィール

はじめまして。

FXトレードと国内・海外の様々な投資によって自分の夢の実現を目指している投資家★南国和輝(なんごくかずき)です。

以下に、私が様々な投資をしている理由や、これまでの投資生活の略歴をまとめてみます。

■南国和輝のプロフィール

大学卒業後、サラリーマンをしながら自分の将来のを追い続け、その資金調達のための様々な手段を模索。

サラリーマンとしての給与収入とは別に安定収入を得るために、ヤフオク(ヤフーオークション)での物品販売と情報販売を始める。

サラリーマンの月収を超える収入を得られるようになったが、本業があまりにも忙しかったため、疲れ果てて中断

そんな頃にある情報を得て、FX(外国為替証拠金取引)に取り組み始める。

20万円で始め、それが50万円、90万円、・・・と大きく増えていったため、それに味をしめて増資。

しかし、大きな損失を出してそれまでの利益をほとんど失う。

素人がそんなに簡単に利益を得られるような甘い世界ではないことを痛感。

その後、様々な情報商材を買いあさり、タイミング配信等も受け、トレードを続ける。

大きな利益を出すときもあれば、その後数ヶ月でそのほとんどを失うなど、ジェットコースターのような不安定な状態が続く。

累計損失が1,000万円以上になったため、次に失敗したらもうFXからは完全に手を引こうと思って取り組んだ年に1000万円以上の利益をあげる。

本気でFXを勉強したおかげで継続的に勝てるようになってきたが、仕事が終わってからの自分の時間をほとんどすべてFXのトレードにあてるという生活に疲れ果ててしまう。

お金に振り回される生活から脱却するために、FXトレードの方向性を修正。

自分の時間を大切にするために、ひたすらチャートにはりついてトレードをするのではなく、できるだけゆったりとしたトレードで大きな利益を得る方法を探り、ついに実現させる。

詳しくはこちら→『南国式FX情報メール

FXは継続して研究しながら、FXのトレードで得られる利益を再投資して大きく資産を膨らませる方法を探る。

不動産投資の勉強をして、日本で投資用不動産を購入(RC一棟買い)して安定収入を得るようになる。

どんどん不動産を買い進めて専業大家になることを目指し始めたが、日本国内だけの投資ではリスクがあると判断して、海外への投資へシフトチェンジ。

まずは香港の長期積立投資から始め、自分の老後と家族の将来の生活の安心を確保。

マレーシアの高級コンドミニアムの購入をきっかけにして、その後どんどん海外不動産投資を加速。

その後、国内でも追加で投資用不動産を購入(RC一棟買い)をし、さらに家賃収入を膨らませる。

不動産への投資はひと段落ついたので、事業投資ファンドへの投資を行い、さらなるリスクヘッジを行う。

FX(外国為替証拠金取引)をより安全に活用した戦略的トレードによってある程度の資金をつくり、それを不動産やファンド、事業投資などに回して安定運用するという理想的な資産運用の流れを構築

自分や家族、自分と関わるすべての人が幸せになるために努力を続け、サラリーマンを引退した後は、昔からの夢である『日本の社会に貢献できるような団体』(詳細は実現したときに明かす)を設立し、自分の人生をかけて将来の日本人のために働く。

同じように熱い思いを持っている同志と交流を深めながら、情報交換を行い、共に高め合っていきたいと願っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る