【海外銀行12】海外の銀行口座開設はサポート業者に依頼するべきか

最近は、自分の資産を海外に避難させるために海外の銀行に口座を開く人がどんどん増えています。

そのため、日本人のための海外口座開設のサポート業者はたくさんあります。

当然ながら、口座開設サポートを受けるということはそこに費用が発生するわけで、これがけっこうな金額になることが多いです。

現地での口座開設に同行してもらうタイプのサポートを受けるのに、安い業者でも数万円はかかりますから、それだけのお金を支払う意味があるのかどうか疑問を持つ方も多いと思います。

例えば、HSBC香港であれば、日本人投資家にとってずいぶんメジャーな銀行ですから、インターネットで検索すれば、サポート業者に依頼しなくても自分で何とか口座開設ができるようなキットなども販売されています。

そのようなものを活用すれば、わざわざサポート業者に頼まなくても、英語の話せない人でも何とか口座開設ができるのではないかと思う方もいらっしゃるでしょう。

実際に、私の知人の中には英語がほとんど話せないにも関わらず、勢いでHSBC香港の支店に飛び込み、自分の力だけで見事に口座開設を成し遂げた人もいます。

そこで、自分の力で何とか口座開設ができるのだとしたらわざわざサポート業者に依頼する必要がないのかということについて私の意見を書いてみます。

結論から申し上げますと、英語の読み書きや会話に自信があって、現地の窓口担当者との英語でのやりとりや書類作成に全く問題がないという方であったとしても、サポート業者を活用した方がいいと私は思っています。

まず、英語が堪能でない場合は、絶対にサポート業者に依頼するべきです。

以前と異なり、現在は英語が堪能かどうかということがとても重要な要素となっていますので、スムーズに会話できないというだけで口座開設は断られます。

では、自分で口座を開設できるのだとしてもサポート業者を活用した方がいい理由は何なのか。

それは、海外の銀行は口座を開設することが重要なのではなく、その口座をどう活用するかが大事だというところに理由があります。

つまり、口座を開設するためだけにサポート業者を活用するのではなく、口座を活用していく際の様々なアフターサポートをしてもらうためにサポート業者を活用するということなのです。

海外の銀行口座を使っていると、日本の銀行では考えられないようなトラブルがけっこう起こります。

たいした問題でない場合は、英語が堪能であれば銀行の担当者に直接電話して英語で聞いたり、英文でメールを送って教えてもらえばいいので、特にサポートは必要ないかもしれませんが、大きな問題が発生した場合には自分では対応が難しいこともあります。

その点、サポート業者はさまざまなケースの対処法を知っていますので、適切なアドバイスをもらうことができますし、時には問題解決を代行してもらえたりもします。

通常、口座開設のサポートその後のサポートセットになっています。

トラブルサポートだけを受けているような業者を私は知りませんし、もしあるとしても単発のサポート料金は高額になると思います。

ですから、口座開設サポートの段階で、アフターサポートをしっかりしてくれる業者を選ぶべきなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る