【海外銀行03】資産の運用のために海外の銀行を活用する

前回は、自分の資産を保全するために海外の銀行を活用することの大切さについてお伝えしました。

今回は、自分の資産を運用するという面で、海外の銀行を活用することの大切さについてお伝えします。

■自分の資産を運用するために海外の銀行を活用する

自分の資産を運用するという面では、日本は非常に不利な国です。

日本国内のことしか知らない方はこれが当たり前と思っていらっしゃるでしょうが、一歩海外に出てみると、日本が投資や資産の運用という面でいかに不利かということがよくわかります。

▼預金金利だけ見ても雲泥の差

日本の銀行にお金を預けたらどれくらいの金利がつくかは、みなさんだいたいはわかっていらっしゃると思います。

詳しく知りたいという方はこちらをご覧ください。
↓↓↓
みずほ銀行の円預金金利

さて、海外の銀行にお金を預けたらどれくらいの金利がつくか。

もちろん国によりますから一概には言えませんが、日本のように10年間の定期預金を組んでも0.15%とか0.2%なんていうようなことはありえないでしょう。

私はマレーシアで1年ものの定期預金(自動継続)を組んでいますが、金利は3.5%です。

中国の銀行では5年ものの定期預金を組んでおり、金利は5.5%です。

他にもっと高金利の国もたくさんあります。

とにかく日本は金利という面では底辺だということです。

ただ単にお金を預けて寝かせておくというだけでも、海外の銀行を活用する価値があると思いませんか。

▼海外の銀行を経由して様々な投資をする

海外には、日本ではありえないような好条件の投資案件がたくさんあります。

様々なファンド不動産投資事業投資など、どれをとっても日本で普通に投資できる案件とは比べ物になりません。

ファンドへの投資は、日本の証券会社のようなファンド会社を通して行うこともできますし、銀行から投資できるファンドもあります。

どのような形であれ、海外の銀行口座を持っていることで、そこから簡単にお金をスライドさせて投資に回していくことができるのです。

日本では、銀行は金利を得るために長くお金を預けておくところという印象を持っている人がけっこう多いようですが、海外の投資のさかんな国では、銀行は一時的にお金を入れておいて必要に応じてそこから他へ動かすためのところという印象が強いかもしれません。

銀行にお金を入れっぱなしではもったいないということですね。

年5%~10%の配当を出すような投資案件は山ほどありますから、ただ銀行の定期預金にお金を入れておくのはもったいないと考えるのも自然でしょう。

海外の銀行の口座を持つことで投資の幅が大きく広がり、そこから様々に運用していけば、日本では決して得られないような配当を得ることができるわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る