【サラリーマン05】サラリーマンは老後に年金だけで生活していけるか

 前回は、夫がサラリーマンで平均的収入(平均標準報酬36万円)で40年間勤務し、妻がその期間ずっと専業主婦だった場合の年金受給額について紹介しました。

今現在、年金を受給されている方の場合、夫婦2人で手取り20万円弱です。

年金支給額は今後どんどん減らされていきますし、年金支給年齢も上がっていきますので、若い人はどんどん不利な状況になっていきます。

この状況を見ると、現役世代のサラリーマン家庭は、自分たちの老後の生活に大きな不安を感じざるを得ないでしょう。

そこで、現役世代のサラリーマン家庭が、老後(定年退職後)に年金だけで生活していけるのかどうかを考えてみます。

生命保険文化センターが行った、18歳から69歳までの現役・リタイア世代対象の『平成25年度生活保障に関する調査』の結果を見ると、あくまでも参考値ではありますが、『老後の最低日常生活費』と『ゆとりのある老後生活費』がだいたいいくらくらいなのかということがわかります。

そこには驚きの数値が示されていました。

・最低日常生活費:平均22万円
・ゆとりある老後生活費:平均35.4万円

平均的サラリーマン家庭の年金の手取り額が20万円弱なのにも関わらず、最低日常生活費が22万円となっています。

つまり、生活費を年金だけに頼っていたら、最低限の生活をするだけでも毎月2万円以上足りないということです。

ある程度ゆとりのある生活を送ろうと思ったら、毎月16万円も足りないのです。

これは、今現在年金を受給されている方の例であり、現役世代が年金を受給する段階ではもっと状況は厳しくなっています。

愕然とする数値ですね。

老後にゆとりのある生活を送りたいと思ったら、夫婦共働きで2人ともがサラリーマン(正規職員)として40年間勤めあげて、ようやく年金だけで生活できるといった感じでしょうか。

たいへんな世の中です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る