【財政14】財政破綻(デフォルト)後に資産を膨らませる方法

国が財政破綻(デフォルト)したり、結果としては財政破綻(デフォルト)を回避できたとしてもその危機が訪れてハイパーインフレが起きたりした場合には、多くの国民が資産を失うということを説明してきました。

そして、そのような緊急事態の際に自分の資産を保護する方法としては、『外貨を持つ』ことが有効だとお話ししました。

今回は、財政破綻(デフォルト)後や財政危機から国が立ち直っていく際に資産を膨らませる方法をお伝えします。

■ソ連の崩壊後に莫大な資産を築いたニューリッチ

これまでにお伝えしてきたように、ソ連が崩壊した際には、ハイパーインフレによって通貨ルーブルの価値は200分の1に下落し、その後のデノミによって多くの国民が資産を失いました

しかし、そのような金融危機の中でも、実は資産を減らすどころか大きく増やした人たちがいるのです。

ロシアはソ連の崩壊から約13年ほどで復活することになりましたが、その頃ニューリッチと言われる人たちが出てきました。

それは、ソ連が崩壊する前に自分の資産の大半を外貨にして海外に移していて、崩壊後にルーブルが底値をつけたときに外貨からルーブルに戻した人たちです。

そして、そのルーブルを使って底値でロシアの不動産を買った人たちがいます。

国の混乱期には当然不動産価格は下落しますが、それを乗り超えれば不動産価格は上昇します。

この人たちは、現在はかなりの資産家になっています。

■財政破綻(デフォルト)後に底値で円に戻す

日本が財政破綻(デフォルト)したり大きな危機が訪れた場合、当然ハイパーインフレが起きて円は暴落しますが、その前に資産を米ドルなどの外貨にして海外に逃がしていれば、その資産の価値を維持することができます。

そして、円が底値になった際に外貨を円に戻して、そこから円の価値が上がって行けば、、、。

単に資産を守るだけでなく、自分の持っている資産を大きく増やすことができるわけです。

デノミが行われるレベルのハイパーインフレになった場合はデノミ後まで待った方がいいですが、そうでなくてもかなり資産は増えますね。

ここまでの行動でもたいへん大きな価値がありますが、ロシアのニューリッチの行動に学んで不動産を購入したら、、、。

不動産はインフレに強いですから、ハイパーインフレが起きた際には通貨と比べると不動産の価値はとても大きくなります。

円を持っているよりは、日本国内の不動産を持っている方がずっといいということです。

しかし、財政破綻(デフォルト)は国の危機ですから、日本の不動産の価値も他国の不動産と比べたら大きく下がっていることは間違いありません。

そこで、底値の際に外貨から戻して大きく膨らませた円で、底値を打った日本の不動産を大きく買うことができたら、その後の不動産価格の上昇によってとんでもない資産価値になることは容易に想像できますね。

このような危機的な状況を狙ったり望んだりするような考え方はいけませんが、いざというときのための対処を考えておくことはとても大切ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る