【FX基礎02】外貨預金よりFX(外国為替証拠金取引)の方がずっとメリットが大きい

前回説明したように、FX(外国為替証拠金取引)は、外国通貨(外貨)の売買による為替差益やスワップポイント(金利)を得るための取引です。

実は、銀行の外貨預金と全く同じ使い方もできるのですが、その場合でもFX(外国為替証拠金取引)の方が外貨預金よりずっとメリットが大きいです。

FX(外国為替証拠金取引)のメリットをまとめてみます。

■為替手数料が安い

外国通貨(外貨)の売買をする場合、為替手数料というものが発生します。

銀行で外貨預金をする際、最も為替手数料の安い米ドルの場合でも、片道1円ほどはかかります。

FX(外国為替証拠金取引)の場合はスプレッドという為替手数料がかかりますが、米ドル(ドル円)の場合は片道1銭程度の業者が多いです。

つまり、FX(外国為替証拠金取引)の為替手数料は、外貨預金の約100分の1ということなのです。

とんでもない違いですね。

仮に『1ドル=100円』の時に100万円分の米ドル建て外貨預金をするなら、ざっくり計算して手数料は往復で2万円かかることになります。

ということは、1年間預けたとして、『1ドル=102円』になるか、年2%以上の金利がつかないと元が取れない計算になります。

全く同じことをFX(外国為替証拠金取引)で行う場合は、手数料は約200円ですから、『1ドル=100.02円』になるか年0.02%の金利がつけばプラスになります。

雲泥の差ですね。

■スワップポイント(金利)が高く、毎日受け取ることができる

外貨預金の金利は、通常の円定期預金の金利と比べてずっと高いですが、FX(外国為替証拠金取引)で受け取れるスワップポイント(金利)は外貨預金の金利よりさらに高いです。

どれくらいの金利がつくのかはその通貨によって異なりますし、同じ通貨でもその時期によって異なりますが、銀行の外貨預金で得られる金利とFX(外国為替証拠金取引)で得られるスワップポイントを比較した場合、どんな場合でも基本的にはFX(外国為替証拠金取引)で得られるスワップポイントの方が大きいです。

また、外貨預金の場合は、決められた期間に応じて金利が受け取れる形になっており、途中で解約した場合は、その金利は放棄することになります。

しかし、FX(外国為替証拠金取引)では、ほぼ毎日、日割りで金利を受け取ることができます。

これはとても大きなメリットです。

■為替変動リスクをコントロールできる

外貨預金の場合は、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、、、などと期間が決まっているため、基本的にはその期間ごとでしか売買できません。

例えば、1ヶ月ものの外貨預金の場合、1ヶ月後に大きな円高になっていたら、そこで解約して円にしたら大きな損をすることになります。

それと比べて、FX(外国為替証拠金取引)なら決められた期間というものはありませんから、数秒でも数分でも数時間でも1日でも数日でも数週間でも数年でも、自分が預けたい(ポジションを保有していたい)期間だけ預けていればいいのです。

そしてさらに、平日の24時間ほぼいつでも自由に売買できるというのも大きなメリットです。

為替変動リスクを細かくコントロールできるというのは、非常に重要なポイントですね。


これだけ見ても、外貨預金をするくらいなら、FX(外国為替証拠金取引)をした方がずっといいということがわかりますね。

ただし、これらはFX(外国為替証拠金取引)を外貨預金と比較した場合のメリットにすぎません。

実は、FX(外国為替証拠金取引)には、外貨預金などとは比べ物にならない真の価値があるのです。

次回詳しく説明しますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る