【FX基礎01】FX(外国為替証拠金取引)の基本を理解する

FX(外国為替証拠金取引)を資産運用のために上手に活用していくために、まずはFX(外国為替証拠金取引)がどんなものなのかということをしっかり理解しましょう。

■FX(外国為替証拠金取引)とは

FXは、正確には外国為替証拠金取引(Margin Foreign Exchange Trading)といい、その中の外国為替(Foreign Exchange)の部分を略してFXと呼んでいます。

簡単に説明すると、外国の通貨を買ったり売ったりして利益を得る取引です。

■FX(外国為替証拠金取引)でどのように利益を得るのか

FX(外国為替証拠金取引)では、2種類の方法で利益を得ることができます。

▼為替差益を得る

私たちは海外旅行に行くときに、日本円と外国通貨(外貨)を両替します。

一般的に両替という言い方をしますが、これは実は日本円で外国通貨(外貨)を買っていることになります。

例えば、『1ドル=100円』の時に1,000ドルを買ったとします。

『100円×1000ドル=10万円』ですから、1,000ドルを10万円で買うことができました。

その後、円安になっていって『1ドル=120円』になったときにその1,000ドルを売ると、『120円×1,000ドル=12万円』ですから12万円を手にすることができました。

つまり、2万円の利益を取ることができたわけです。

これが為替差益です。

このように為替差益を得るというのがFX(外国為替証拠金取引)の1つのねらいです。

▼金利差(スワップポイント)を得る

どの通貨にも、それぞれの国が定めた金利があります。

その金利はその国の政策によって変動しますが、その金利差から利益を得ることができます。

例えば、日本円は限りなくゼロに近い金利ですが、他の国は日本よりずっと金利が高いです。

FX(外国為替証拠金取引)では、日本円を売って外国通貨を買えば、その通貨を持っている期間ずっと、その国と日本の金利差を利息としてもらえるのです。

これは、銀行で外貨預金をして受け取る利息のようなもので、スワップポイントといいます。

このスワップポイントを得るというのが、FX(外国為替証拠金取引)のもう1つのねらいです。

■FX(外国為替証拠金取引)は外貨預金と同じなのか

FX(外国為替証拠金取引)では、外国通貨(外貨)を上手に売買することによって、為替差益とスワップポイント(金利)の両面から利益を得ることができるわけですが、「それなら外貨預金と同じではないか?」と思われるかもしれません。

たしかに、FX(外国為替証拠金取引)には外貨預金と同じような要素があります。

しかし、実は似て非なるものですし、外貨預金と共通する部分も外貨預金よりずっと有利なのです。

それを次回説明します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る