【道のり225】久しぶりに電話口でブチ切れました

管理会社の社員さんが私の物件への入居を希望しているということで、とてもいい話だと思いましたが、担当のHさんからかなりの交渉が入ったことで、正直とても驚きました。

その内容は、2ヶ月先から始まるはずだった新規契約の内容変更(オーナーに不利になる内容)をこの社員の場合のみ前倒ししてほしいということと、家賃を他の入居者の中で最安レベルに値下げしてほしいということ、毎月かかる共益費の一部を免除してほしいということでした。

最初はあまりの内容にあっけにとられましたが、冷静になって考えたらどんどん腹が立ってきて、久しぶりに電話口でブチ切れました。

それも、話を聞いていると、どうも入居したいと言ってくれている本人の希望というよりは、店長の考えか担当のHさんの考えかのどちらかで「今回の入居希望者は社員なのでこれくらい便宜を図ってください。」と言っているように聞こえてきます。

担当が自分になった途端に4室もの空室を一室も埋められなくなった状況にも関わらず、当たり前のようにそういう交渉をしてくるHさんにはあきれかえりました。

確かにお世話になっている管理会社の社員の方が入居したいと言ってくださっているわけですから、私としてはできるだけ便宜を図ってあげたいと思います。

しかし、それにしても、こちらから申し出るならともかく、相手方から要求するにはあまりにもひどい内容です。

Hさんは管理会社で私の物件の担当者ですから当然のことながらこの物件の家賃の底値をしっかり把握しており、生活保護を受けている方が入居希望をされた場合に特別に設定した格安家賃を指して、それと同額にしてほしいというのはあまりにもひどいですよね。

そして、そのうえ共益費の一部も免除しろなんて、他の入居希望者だったら即お断りするところです。

さらに、それ以外の契約条件も私に不利になる内容でお願いしたいと言ってきているのですから。

担当がHさんに代わってから状況が一変して全く空室が埋まらず、そのため募集家賃も下げていることに私が心を痛めていることなど全く考えない発言です。

自分の営業活動が全くうまくいっていない(もしくはたいして営業していない)状況にあせった感じもなく「仕方ない」という姿勢に対して先日じっくり話をしたばかりなのにこの態度です。

心底腹が立ったと同時に、この人には配慮しながら話したのでは通じないなと悟りました。

ということで、電話口でブチ切れてしまったわけです。

今回は私がかなりはっきり伝えたことで、やっと自分の問題に気付いたのか、それともいつになく厳しい私の口調に驚いたのか、ようやく申し訳なさそうな感じになりました。

やれやれです。

さて、この社員さんの入居の件はどうしたか。

次回書きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る