【道のり190】高速夜行バスで仙台まで行くことに決定

今回、3回目の現地入りにあたって、これまでと同じように自家用車で行ったり新幹線で行ったりするのはつまらないと思いました。

また、経費をおさえるという観点もあり、高速夜行バスについて調べてみました。

自家用車を使って行くパターンと、新幹線を使って行くパターンと、高速夜行バスを使って行くパターンの3種類を比較してみます。

所要時間や交通費がどれくらい違うのかを調べてみました。

わかりやすく、東京から仙台までにしぼって比較してみます。

今回は諸事情により平日に行くことになりましたので、平日料金で見積もってみます。

===================

自家用車の場合:東京大泉~仙台宮城[片道]

所要時間:渋滞などがないと仮定して、通常の休憩時間を含めて5時間程度

交通費:8,750円

※交通費内訳(高速夜行バスと比較のため、深夜割引で計算)
高速道路代・・・3,850円(通常7,700円ですが、ETC深夜割引で3,850円)
ガソリン代・・・4,900円(10㎞/Lで350㎞走るとして、140円/Lで計算)

※休日の場合も深夜の時間帯なら同料金ですが、昼間でもETC休日特別割引により高速道路代は4,100円ですみます。

新幹線の場合:東京(23区内)~仙台駅[片道]

所要時間:1時間53分

交通費:10,390円

※交通費内訳(東北新幹線やまびこ利用)
乗車券・・・5,780円
特急券・・・4,610円

高速夜行バスの場合:東京~仙台[片道]

所要時間:5時間40分

交通費:3,200円

※複数のバス会社がありますが、比較的安いバス会社で1列席を利用する場合について調べました。

ちなみに、休日の場合は4,200円くらいになります。

===================

自家用車で行くパターンと新幹線で行くパターンを比較してみると、交通費は1,500円程度しか変わらないのにかかる時間はずいぶん差があります。

長時間の運転をしなければならないたいへんさを考えると、1人で行く場合に自家用車で行くという選択肢は消えますね。

次に、自家用車で行くパターンと高速夜行バスで行くパターンを比較してみます。

所要時間はさほど変わりませんが、かかる費用は高速夜行バスの方がずっと安く、3分の1ほどの金額になります。

自分で運転しなくてもいいですし移動の間は眠っていればいいということを考えると、高速夜行バスに軍配が上がります。

また、深夜東京を出て、バスの中で寝ているだけで朝には仙台についているということを考えると、時間の有効活用を考えても高速夜行バスのメリットは非常に大きいですね。

ということで、今回は高速夜行バスを使うことに決定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る