【道のり155】東日本大震災の被災地域の不動産に投資する意義

私が東日本大震災の被災地域の物件を見に行きたいと思った理由についてもう少し詳しくまとめてみます。

私が東日本大震災の被災地域に興味をもった最初のきっかけは、震災の被害を受けた地域に投資することで少しでも震災復興の役に立てば、、、という思いからでした。

私は投資家ですから、投資を通して少しでも震災復興に役に立つことができたらこんなにうれしいことはありません。

被災地域の不動産を購入すれば様々な税金が発生します。

特に、固定資産税は購入後毎年納めていくことになりますので、そのお金が少しでも被災地の復興に回ったらうれしいですね。

また、購入後の不動産の管理や運営の面で様々に被災地でお金が回るわけですし、被災された方が私の所有する不動産に住まれることで何らかの役に立てるかもしれません。

微々たるものかもしれませんが、被災地の復興に少しでも関わることができることには自分にとって大きな意味があります。

そう思って、被災地域についていろいろ調べてみたところ、たいへん興味深いことがわかりました。

東日本大震災から2年が過ぎましたが、被災地の地価はたいへんな下落が起きているかというと、、、。

実は、そうではありません。

まず、津波が届かなかった宮城県石巻市にある高台の地域は、昨年からかなりの地価高騰が続いています。

この地域は昨年に引き続き、住宅地として全国で最も高い地価上昇率となっており、今年は何と23.6%の上昇です。

被災した沿岸部から高台への移転を希望する人の需要が集中しているのです。

しかし、今年は安全な高台ではなく、津波で浸水した地域でも価格が上昇しています。

いったいなぜなのか。

高台の土地の需要はたいへん大きく、そのような土地はどんどん売れてしまったことで、安全な高台の物件が不足し、津波到達地域でも被害が少なかったところには需要があるのです。

さらに、通勤や通学、住み慣れた場所にいたいなどの理由などから、被害地域から移転せずに住み続ける人も多いです。

被災地の中には、住む場所が足りない状況が続いている地域がたくさんあるのです。

地価が上昇するということは、すなわちその地域の不動産需要が大きくなっているということです。

東日本大震災の被災地域の不動産に投資することで震災復興にも関わることができて、賃貸不動産需要の多い地域への投資ということで自分にも利益があって、win-winの状態で投資できるわけです。

そんな投資ができたら最高ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る