【道のり151】投資用不動産購入を築20年以内の物件にしぼることに

築27年のRCボロ物件の買い付けを入れるかどうかについてはかなり悩みました。

面白い投資になるだろうとは思いながらも、購入した場合、私の考えた出口戦略では14年以上持ち続けなければいけないことになります。

・・・まあ、いけないということはないかもしれませんが、14年以上持ち続けることで大きな利益が出るという計算ですね。

しかし、私の将来設計では、その間に現在の本業をリタイアしていることが理想であり、リタイア後に日本で投資物件を持ち続けるべきかどうか迷うところがあるのです。

そう考えると、私の投資スタイルとしては、5年~10年の間に売ることができるような物件を購入することがベストと言えるでしょう。

もちろん、その後も持ち続けた方が利益が大きくなるならばそれもいいでしょうが、状況によっては5年後に売ることもできるような物件を購入した方がいいということですね。

もともと私は築20年以内の物件を中心に探していたわけですが、今回築27年の物件を見に行って、実際にその価値を感じながらも自分の将来設計投資スタイルをもう一度じっくり考えてみたところ、やはり私は築20年以内の物件を購入するべきであるということがはっきりしてきました。

自分の将来設計や投資スタイルから、購入すべき物件を吟味するというのはとても大切なことだと再確認しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る