【道のり144】不動産投資で銀行から法人への融資を断られる

資産管理法人を立ち上げて投資用不動産を購入する計画を立て、業者に銀行へのアプローチをしてもらいました。

3行ほどに融資の仮審査を申し込みましたが、そのうちの2行はずいぶん対応が遅いようで審査結果がいつ出るかもわからないような状況のため、今回の購入に間に合わない感じ。

最も有力だった銀行からの融資が決まるのではないかと期待して待っていましたが、数日後、融資がおりないとの連絡がきました。

銀行との交渉をしてくれた業者の担当者に融資がおりない理由を聞いてみました。

銀行側としては本来は理由は教えないきまりになっていますが、この業者とは様々な物件で取引があるようで、こっそり教えてくれました。

私はすでに投資用不動産物件を1棟所有しており、その物件がネックになりました。

私が所有している物件は現在満室で経営状況はすこぶる良いわけですが、これは別の銀行から融資を受けており、今回融資を申請している銀行としては、それは様々な面でリスクになるわけです。

銀行側としてはできればその物件についても自行へ融資の借り換えをしてもらいたいわけですが、遠い地にあるその物件はその銀行の管轄外なのです。

この借り換えが不可能となると、今回の物件に融資することはできないということでした。

この銀行は融資金利がかなり良いのでとても残念でした。

もしすでに所有している物件の融資も借り換えたとするとそちらの金利も下がるので、これは本当に惜しい話でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る