【道のり140】国内投資用不動産の買い増しについて動き出す

これまでの数年間、私は日本での収入をどんどん海外への投資にまわしていくということをしてきました。

それは、日本に魅力的な投資案件がほとんどないということと、海外で信頼のおける業者を見つけたことで、国内での投資と比べてずっとリスクが低くてリターンが大きい投資ができるようになったからです。

この段階ですでに預貯金の半分以上は海外の銀行に入れていますし、海外の不動産への投資も進めてきました。

海外に資産を移していくという私の当初の目標はある程度達成できてきましたので、ここで日本での投資についても再度見直してみることにしました。

日本で銀行にお金を預けておいても増えませんし、よい金融商品などは全くありません。

しかし、不動産投資に関してのみ、日本にもわずかながらの可能性があると感じています。

実際に、私はすでに国内で投資用不動産(RC一棟26室)を所有して毎月のインカムゲインを得ています。

詳しくは『経済的自由獲得までの道のり5【国内不動産投資編1】』をご覧ください。

海外での不動産投資は、大きなキャピタルゲインが狙えるという意味で、インカムゲイン狙いが中心になる日本での不動産投資と比べてずっと大きな魅力があります。

しかし、残念ながら日本でできるようなフルローンオーバーローンというものは期待できません。

海外の不動産は、現金で買うか、最大でも85%程度までのローンを組んで買うかということになりますので、億単位の物件を買うというのはなかなか難しいです。

仮に1億円の物件を買うとしたら、85%の融資を受けたとしても、頭金として1,500万円、諸経費が仮に7%だとして、初期費用としては2,200万円程度は用意しなければならないわけです。

それと比べて、日本で不動産投資をする場合、初期費用をほとんどかけずに億単位の物件を購入することができます。

同じく1億円の物件を購入する場合、フルローンであれば初期費用は諸経費のみの700万円で済みます。

オーバーローンを引き出すことができれば、初期費用ゼロということも不可能ではありません。

「昔はともかく、今はもうフルローンとかオーバーローンなんて不可能」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

もちろん、銀行担当者に素直に「オーバーローンで買いたいんですけど。」なんて言ったら鼻で笑われますが、直球で攻めなければいいだけのことです。

いろんな方法があるのですよね。

ただ、どんな物件でもそれができるというわけではなく、フルローンやオーバーローンを引き出せるような物件を選んで購入するということが大原則となります。

そういう物件でなければ買わない方がいいですね。

これらのことを考えて、私は初期費用をできる限り抑える形で、国内でRCマンションをもう一棟購入する方向で動き出しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る