【道のり137】深圳(シンセン)で中国銀行の口座開設をする

中国・深圳(シンセン)では、中国銀行の口座を開設しました。

中国の通貨である人民元の現在の価値は実態と比べてかなり低い状態です。

中国は人民元の切り上げをするつもりはないような態度をとっていますが、いつまでもそのままでいられるわけではないように思います。

いつかどこかのタイミングで人民元は少しずつ切り上げられていくのではないかと考えていました。

ということは、かなり安いこの段階で人民元を持って、それをじっくり寝かせておいて切り上げられた段階で戻せば、そこで大きな利益がとれることになります。

仮に人民元の切り上げが行われなかったとしても、中国の定期預金金利はかなり高いので、その金利を受け取るだけでもいいのではないかと思いました。

人民元が今よりもっと安くなっていくとは考えにくいので、この段階で人民元を持つということは限りなくリスクの低い投資と言えるのではないかと思いました。

そこで私は、中国銀行で口座開設をして、人民元の定期預金を組むことにしたのです。

distance08-006-02

ただ、中国という国の信用性はかなり低いため、大きな額を入れるのは不安もありましたから、私が入れたのは約100万円です。

75,000元(当時のレートで約100万円分)定期預金を組みました。

5年定期で年5.5%の金利複利でつきます。

この金利はかなりのものですね。

世界中を探せばもっともっと大きな金利がついている国がありますが、長期間預けておくと表面上の数字は大きくなりますが、ハイパーインフレなどにより実質的な価値はもともと預けたときよりもずっと下がっているという悲惨な状況になったりします。

もちろん中国はそのような状況ではありませんし、人民元の切り上げが期待されているところなので、長く預けておけばその間に元が切り上げられて、さらに大きな利益を取れる可能性があるのです。

ただし、年5.5%という金利は、人民元を扱っている銀行であればどこでもつくわけではありません。

香港などの銀行で人民元の定期預金を組んでも、高くても2~3%というのが一般的です。

つまり中国本土にある銀行で定期預金を組まなければ、5.5%という高い金利は受け取れないのです。

そこで私は深圳(シンセン)にある中国銀行を選びました。(中国銀行であっても、中国の国内の店舗でなければ意味がありません。)

ちょうどHSBC香港の口座開設サポートをしてくれた業者が深圳(シンセン)の中国銀行の口座開設サポートもしていたので、香港に行ったついでに深圳(シンセン)まで足を伸ばして中国に入り、中国銀行の口座開設をすることにしたのです。

では、私の預けた約100万円(75,000元)が5年後にいくらくらいになるのか、次回シミュレーションしてみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る