【道のり127】海外不動産投資でHSBCから融資を受けるにはプレミア口座を開くべき

マレーシア(ジョホールバル)のコンドミニアムの買い付けを入れ、現地の銀行の融資審査を受けることになりました。

HSBCマレーシアであればいい条件で融資を受けられる可能性が高いことと、不動産仲介業者が口座開設からその後のサポートまですべてやってくれるということだったので、HSBCマレーシアの融資審査を受けることにしました。

HSBCはイギリスロンドンに本社を置く世界最大級の銀行で、海外投資を行っている日本人の多くがHSBC香港の口座を開設しています。

HSBCについては『香港のどの銀行の口座を活用するべきか』の記事にまとめておきました。

HSBCマレーシアは、マレーシアの不動産を購入する外国人にも積極的に融資をしており、物件価格の70%程度の融資ならおりるだろうと言われていました。

そこから少しでも融資比率を高めるためには、HSBCの中で最上位のプレミア口座を開くのがいいと言われています。

その場合、最低預入金として20万リンギット(当時のレートで約540万円)が必要ですが、定期預金にして預けておけば年3.5%の金利がつきますので、日本の銀行にお金を預けるよりはずっと有利です。

そこで、プレミア口座を開くことを前提として融資申請をしました。

仲介業者からは一度マレーシアに渡航してHSBCでプレミア口座を開設して入金した上で融資申請し、その後融資がおりたら再度マレーシアに渡航して不動産の売買契約をしてほしいと言われましたが、ただでさえ忙しい生活をしていますからマレーシアへの渡航は一度で済ませられる方法を考えました。

当時はHSBCの日本支店がありましたので(その後HSBCは日本から撤退)、まずはHSBC日本でプレミア口座を開設して相応の資金を入金し、それをもって融資申請をすることで対応してもらえないかと相談しました。

HSBCマレーシアからはすぐにOKが出たので、口座開設のためだけにマレーシアに行く必要はなくなりました。

HSBC日本は富裕層向けの銀行だったためもともとプレミア口座しかなく、最低預入金は1,000万円でしたが、そこには一時的に資金を入れておくだけで、HSBCマレーシアに口座を開いたらインターネットバンキングから簡単にマレーシアに送金できます。

当時日本の銀行から海外送金するのはかなり面倒なことでしたし、HSBCプレミア同士なら手数料無料で簡単に送金できるのでとても便利でお得です。

遅かれ早かれ日本からマレーシアに送金しなければいけないわけですから、一石二鳥でした。

融資申請してから1ヶ月ほどで結果が出て、無事融資がおりることになりました。

それも、85%の融資です。

HSBC日本でプレミア口座を開いておいたことが功を奏したようです。

買付は1番手で融資も通りましたので、これで物件購入が確定しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る