【道のり123】マレーシアの銀行は外国人にも積極的に融資をする

マレーシアの不動産への投資は、融資の面でも日本人にとって有利だということがわかりました。

マレーシアの銀行はどこも、リーマンショックの影響をほとんど受けていません。

不良債権を抱えていないため、銀行の財務はたいへん健全でした。

そのため、外国人に対しても積極的に融資をしています。

非居住者の外国人であっても、不動産取得のためであれば銀行は積極的に融資してくれます。

もちろん、個人の属性や所得額、貯蓄額などによっては融資を受けられないこともありますが、それは日本国内の銀行であっても同じですね。

日本人であっても、物件価格の70%程度の融資であれば簡単に受けることができます。

その物件や銀行にもよりますが、85%の融資までは受けられる可能性が十分あります。

融資を受ける際の金利は、アジアの中ではずいぶん低い方で、4%程度とのことでした。

現在の日本の金利と比べると高いと思われるかもしれませんが、継続的にインフレが進んでいる国の金利としてはたいへん低いです。

日本でも今でもこれくらいの金利をとる銀行がありますし、不動産バブルの時代には8~9%はあたりまえだったわけですから、そこから考えてみてもマレーシアの銀行の貸し出し金利の低さはわかります。

金利4%程度で融資を受けて、7~8%の利回りの家賃収入から毎月融資返済を行っていけば、毎月の収支は確実にプラスです。

そして不動産価格の上昇とともに家賃の上昇で毎月の利回りをどんどん膨らませながら物件を持ち続け、少なくとも10年以上は所有してからタイミングを見て売れば大きなキャピタルゲインも得られるでしょう。

また、そのまま持ち続けて融資返済が終わってから自分で住むという選択肢もありますね。

不動産投資の最大のメリットは、融資によってレバレッジをかけられることです。

これは、国内の不動産投資でも同じです。

海外では外国人が融資を受けるのは難しいからこそ、マレーシアのこの融資体制はありがたいですし、マレーシアは外国人が不動産投資をするのにたいへん有利な国です。

数百万円程度の不動産であればキャッシュで買うことも検討しますが、数千万円以上の不動産の場合は融資を組まないと買うメリットが低いです。

85%程度までの融資が受けられる可能性があるということがわかったのは、非常に大きなことでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る