【道のり122】マレーシアは理想的な人口増加により不動産需要が高まる

前回の記事『安定した経済で不動産市場が成長しているマレーシア』に、「不動産価格が上昇していくだろうと判断できる重要な基準は、安定した経済で不動産市場が成長しているかどうか継続的な人口増加が見込めるかどうかです。」ということを書きました。

マレーシアは経済的に安定していて不動産市場も成長していることがわかりましたので、次には今後の人口増加について確認してみます。

過去の日本もそうでしたが、人口が増加している最中は不動産価格は上昇し続けました。

世界中で、経済が安定成長して人口増加を続けているにも関わらず不動産価格が下落した国はどこにもないのです。

そこで、マレーシアの人口ピラミッドを調べてみました。

↓2013年のマレーシアの人口ピラミッド
distance07-007.01

たいへんきれいな構成になっていました。

日本の不動産価格が急騰した高度成長期に入る前である1950年の人口ピラミッドと比べてみましょう。

↓1950年の日本の人口ピラミッド
distance07-007.02

現在のマレーシアの人口ピラミッドは、これから高度成長が始まるという頃の日本の人口ピラミッドとかなり似た形状をしています。

つまり、マレーシアは今後安定的に労働力が確保できて先々までの成長が見込めるのです。

ちなみに、現在の日本の人口ピラミッドを見てみると、、、。

↓2013年の日本の人口ピラミッド
distance07-007.03

少子高齢化が進み今後どんどん労働者人口が減りますので、このままでは経済成長にストップがかかります。

そして、不動産需要はどんどん低下していくことが想像されます。

日本の高度成長期がそうであったように、継続的に人口が増加することと、先々まで安定的な労働力が見込まれる人口ピラミッドであることは、不動産投資をする上でたいへん大きなメリットです。

日本はこの時期に不動産価格が大きく上昇しましたから。

マレーシアの不動産価格が今後大きく上昇していくことは想像に難しくないでしょう。

そして実は、今後のマレーシアの人口増加は約束されたものであることもわかりました。

マレーシア政府は、人口増加を単に自然に任せているのではなく、政策として人口増加を計画しています。

2013年には2,900万人ほどである人口を、将来的に8,000万人まで増やす計画です。

そのために、マレーシア政府は積極的にビザを開放して移民を受け入れています。

日本人が大勢ロングステイしているのも、この政策によって簡単にビザが取れるからという理由も大きいです。

移民を受け入れるということは、国の発展に大きく寄与します。

アメリカが現在のような巨大な規模であってもなお成長を続けているのは、積極的に移民を受け入れているからに他なりません。

国内の労働力が確保できるだけでなく消費にも大きく影響して、国の経済が発展するのです。

そして、その移民たちが最初に必要とするのは、住居です。

政策的に移民を受け入れて人口増加を計っているわけですから、賃貸需要はどんどん増えていくことが容易に想像できます。

借り手が安定的に増えていくというのは、不動産価格の上昇とともに家賃も上昇しますから、当然賃貸利回りも上がっていくと思われます。

今後、マレーシアの不動産需要が大きく高まるのは間違いないですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る