【道のり120】投資対象国マレーシアは自分が住むことを考えても魅力が大きい

マレーシアの不動産に投資することを考えていくうちに、マレーシアという国は日本人にとってとても住みやすい国だということがわかりました。

投資目的の不動産ではあっても、将来的には自分が住むという可能性も残しておきたいので、自分にとって住みやすい国であるかどうかはとても重要です。

マレーシアという国がとても住みやすい国である理由をまとめてみました。

 

■リタイアビザの取得が簡単

マレーシアではMM2Hというリタイアメントビザの取得が簡単にできます。

一定の資金さえあればだれでも確実にこのビザを取得できます。

これはたいへん大きなメリットであり、日本人が気軽にロングステイできる理由でもあります。

 

■日本からの距離と時差が適度

日本からマレ-シアまでは飛行機で6~7時間ですから、アメリカやヨーロッパに行くことを考えたらずっと短時間です。

ローコストキャリア(格安航空会社)の『Air Asia』を使えば、日本から片道17,000円~で行くことができますので、日本とマレーシアを頻繁に往復することも難しくありません。

そして、時差が1時間ですから時差ボケの心配はいりません。

 

■気候が良い

赤道直下のこの国は、年中ほとんど気候が変わりません。

Tシャツと短パンで年中過ごせるというのは体への負担が少ないです。

昼間はせいぜい32~33度程度ですから慣れてしまえばたいした暑さではありません。

夜は22度程度まで下がるので、朝夕は意外なほど涼しくて気持ちが良いです。

湿度もそれほど高くなく、日本の夏と比べればずっと過ごしやすいです。

1年を通して生活することを考えた場合、アジア各国の中でも有数に過ごしやすい気候の国だと思います。

年中気候が(寒くなく)安定しているというのは、人間の体にとてもやさしく、そういうところに住めば寿命が延びるでしょうね。

 

■多民族国家なので日本人も気兼ねなく暮らせる

マレー人が一番メインであり、日本ではあまり見かけない褐色の肌の色の人たちが一番多くを占めています。

しかし、マレーシアは50年前まではイギリス領だったこともあり、特に首都のクアラルンプールにはイギリス人が多く、白人がよく目につくようです。

中華系の人たち(華僑)も多いです。

最近は韓国系の人たちも増えてきているようで、高級コンドミニアムの購入者の中には韓国人の比率が増えてきていると聞きます。

マレーシア人の多くはもともとイスラム教徒なので、同じイスラム圏ということでアラブ人も多く住んでいます。

様々な人たちが入り混じって暮らしているので、日本人も簡単にマレーシアでの暮らしに溶け込めます。

マレーシアは日本人にとって気軽に暮らせる国だと思います。

 

■食事が日本人に合う

様々な人種の人が住んでいるため、食材が豊富で、食べるものには困りません。

現地の食べ物は日本人の口によく合うようです。

そして、日本人も大勢住んでいますので、当然和食も豊富です。

海外に住んでみると、おいしい和食がいつでも食べられるというのは一番ありがたいことです。

 

■英語が通じる

マレーシアは普段の生活では英語が多く使われます。

日常生活においては、日本の中学校で習った程度の英語で十分です。

基本的な言い回しさえできれば、マレーシアでの生活ではそれほど不便もないとのことでした。

住んでいるマレーシアの人たちにとっても英語が母国語ではなく発音もみなバラバラなので、日本人の話す簡単な英語でも気おくれする必要がないというのはありがたいことです。

 

■生活コストが安い

マレーシアは、国が豊かですべてのものに対しての自給率が高く、生活インフラについては国が様々に助成しています。

街中の屋台で食事をすれば、ランチは100円程度で食べることができますし、ショッピングモールに入っているフードコートで食事をしても200円程度です。

スーパーマーケットで購入する食品や日用品もとても安く購入できます。

ガソリン代は1リットル50円程度ですから、日本では考えられない安さですね。

だいたい、日本の約3分の1程度のコストで生活ができると思います。

郊外に住み、贅沢をしないでローカルと同じ生活レベルであれば日本でもらう国民年金(月5~6万円)でも生活できますし、厚生年金(月15万円程度)で十分に満足のできる生活が送れそうです。

もちろん、富裕層ばかりが住む高級コンドミニアムに住み、毎日ゴルフなどに行って遊びまわって外食で日本食ばかり食べていたら、日本と変わらないくらいの生活コストになってしまう可能性はあります。

しかし、ごく普通の生活であれば、月に15万円程度で日本よりもずっと快適な生活が送れることがわかりました。

 

■インターネット環境が整っている

インターネット環境に関しては日本はたいへん優れいています。

無料のWIFI環境という面では他の国の方が進んでいる部分もありますが、家庭での回線環境は日本ほど優れいている国はないように思います。

それと比べればインターネット環境の質が落ちるのは仕方ありませんが、それでもアジアの近隣国と比べるとマレーシアのインターネット環境は格段に優れています。

日本人が海外に住むことを考えた時、インターネット環境がストレスなく使えるというのは必須の課題です。

ネット環境さえよければ、日本へもスカイプを使って無料でテレビ電話もできますし、パソコンを使って日本のすべてのテレビ番組を無料で生で見ることができます。

日本に住んでいる時とほとんど変わらない生活ができてしまうかもしれません。

 

これらの他にも、まだまだマレーシアの魅力はたくさんあります。

すでに大勢の日本人が移住していることを考えても、マレーシアという国は日本人にとってとても住みやすい国なのだろうと思います。

これらの情報を得て、私のマレーシアへの投資熱がどんどん上がっていきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る