【道のり108】不動産投資で融資金利が大きく下がる

金利交渉をしてから約1週間たち、銀行から返事が来ました。

その結果は、競合させた銀行の金利までには及びませんでしたが、もとの金利の半分近くまで下がりました。

精一杯下げてくれた感がありました。

実際に、銀行の融資担当者も「こんなに金利が下がったお客様を見たのは初めてです。私も精一杯上申しましたが、正直申し上げてここまで下がるとは思っていませんでした。」と言われました。

私は融資を受けて1年弱ですから、今借り換えをするとかなりの借り換え手数料がかかります。

また、借り換え先の銀行では次の物件を購入する段階で融資がおりるかどうかはわかりません。

今回提示してくれた金利であれば、このままこの銀行で継続した方がいいと判断し、「ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。」と伝えました。

事務手続きの関係から融資金利の変更は翌々月からとなりましたが、これで毎月の返済額が15万円以上減ることになります。

何もしないのに単純に支出が15万円以上減るのです。

これはすごいことですね。

この段階で、仲介業者に連絡を入れました。

無事満室になったことへのお礼を伝え、銀行の金利が下がって経営がさらに安定したことを報告しました。

担当者からは、満室になったことについては『この物件がこれまで満室にならなかったのが不思議な状況だから、この時期に満室になるのは当然でしょう。』といった感じで「よかったですね。」と言われましたが、銀行金利が下がったことについてはかなり驚いていました。

この仲介業者は、これまでこの銀行への融資付けを山ほどやってきており、どのように金利交渉をしてどれくらい下がるものなのかをよく知っていました。

しかし、私の事例はこれまでのデータには全く当てはまらないものだったのです。

「融資を受けてから1年未満でこんなに金利が下がることなんて普通ありえませんよ!」とびっくりしていました。

詳しく聞いてみると、この銀行の場合、交渉の仕方にもよりますが、融資を受けてから1年~1年半経過したところで、経営が順調な場合は若干金利が下がり、その後、うまく交渉していけば1年ごとに少しずつ下げられるようです。

それでも、5~6年かけて最終的に下げ止まる金利が、私に提示された金利よりもずっと高いものなのだそうです。

「この銀行がこんな金利を提示したという話は初めて聞きました。これは本当にすごいことですよ!」と言われました。

私としては、他の銀行が提示した金利よりも高いのだからこれくらいは当たり前だろうと思っていましたが、そんなにめずらしいことだと知ってさらにうれしくなりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る