【道のり106】不動産投資で支出削減を考える

満室になったところで、そこから収入自体を上げることは難しいので、支出をおさえるための取り組みをすることにしました。

考えられる手段としては、これまで管理会社にすべて任せていた日常清掃業務やリフォームなどを、少しでも安くやってくれる業者にかえることなどがあげられます。

しかし、それをするとせっかくこれまで一生懸命入居者募集に取り組んでくれた管理会社の心象を悪くするのは間違いありません。

今は満室ですが、今後も退去者が出たらすぐに入居者募集をかけて、常に満室を維持したいわけですから、管理会社が入居者付けをがんばろうとする気持ちにマイナスになるようなことはしたくありません。

細かい支出をおさえることによって、大きなものを失ってしまう可能性があるわけです。

そうなってしまっては本末転倒です。

ですから、管理会社への支払い以外の支出を削ることを考える必要があります。

よく考えればわかることですが、不動産投資における最も大きな支出は、管理会社への支払いではありません。

支出の中で最も大きいもの、それは銀行から受けている融資に対する毎月の返済です。

そこを少しでも削れないかと考えました。

銀行から融資を受けたことがない人の中には知らない人が多いかもしれませんが、融資の金利は交渉できるものです。

1億円を超える融資を受けているわけですから、この金利のパーセンテージを少しでも削ることができれば、ずいぶん大きな金額として支出を削ることができるのです。

私は、この物件を26室中11室空室の状況で買っています。

その時点で私が受けた融資の金利は、私としてはかなり高いものだと思っていました。

他の銀行はもっとずっと低い金利で融資を行っていますが、これだけ空室の多い物件に融資してくれる銀行は他にはありませんでした。

ですから、私としてはこの銀行から借りるしかなかったわけです。

しかし、それが今は満室です。

1年未満で11室の空室を埋めたというのは、不動産経営事業としてみたときに十分に評価されるべき内容です。

現在借りているお金に対する金利を見直してもらうための交渉はできるはずです。

もし下げられないと言われるのであれば、他の銀行への借り換えを行えばいいのです。

そう考えて、金利交渉のための準備に入りました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る