【道のり096】不動産投資で管理会社の担当者に大激怒!

仲介業者の担当者が、管理会社の本社に乗り込んでくれた翌日の夜、管理会社の担当者Tさんから電話が入りました。

「これまでいろいろとご心配をおかけしましたが、この度、南国さんの物件の入居者募集に本社が動いてくれることになりました。これまで以上に力を入れてやっていきますので、今後ともよろしくお願いします。」とのことでした。

私は、Tさんのこの能天気な言葉を聞いてぶち切れました。

「なぜ本社が動くことになったのか知っていますか?私はこれまで何度もあなたにいろんな話をしてきましたが、結局何の見通しも示してはもらえなかったし、私の質問にも適切に答えてもらえなかった。それが、仲介業者が本社に乗り込んだ途端、手のひらを返したように対応を変えて、『もうこれで大丈夫です。安心してください。』というような連絡。私や仲介業者が動かなかったら今までのまま放置するところだったでしょ。あなたそれでもプロですか?」と。

これまでの様々な怒りが一気に噴出しました。

私はこれまで、Tさんが私の物件の入居者付けを本当に一生懸命にやってくれていたようには思えませんでした。

それを今回確かめることになりました。

「ずいぶん前に、部屋にスリッパを置いていただくようにお願いしましたが、置いていただいていますか?」と聞くと、「物件の方には週に何回か足を運んでいましたが、なかなか忙しくてそこまで手が回らなくて、まだ置かせていただいておりません。すみません。できるだけ早く手配します。」と言うのです。

私はこのお願いをしてからしばらくして再度現地入りした時に、スリッパが置かれていないことを確認していました。

その時にはやんわりと再度お願いしたのですが、もしかしたらまだ置かれていないのではないかと思って聞いたところが、案の定でした。

この一言で激怒です。

「ただスリッパを置くだけのことを何ヶ月も放置する人に物件の管理や入居者付けをお願いできますか?たかがスリッパと思っているならそれは大間違いですよ。そういう配慮ができない人が入居者付けなんてできません。物件の近くのホームセンターで安くすぐ買えて、買いに行ってすべての部屋に置く時間を合わせても1時間はかからないでしょう。もし忙しくてその時間さえとれないと本気で言うならば、なぜ私に連絡してこないのですか?私は数百円のスリッパを片手に往復数万円の交通費をかけてでも、翌日スリッパだけを置きに現地まで行きますよ。それくらい本気でこのビジネスに取り組んでいるのです。あなたはどういう気持ちでこの半年間私の物件の営業と管理をしてきたのですか?」と。

さすがにTさんは押し黙ってしまいました。

それでも私の怒りはおさまらず、これまでやるべきことをやってこなかったいくつかの点について具体的に追及してしまいました。

Tさんは平謝りの状況になりました。

しかし、問題はTさんだけではありません。

ここまで話したのですから私が思っていることをすべて伝えようと思い、話を続けました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る