【道のり095】不動産投資で仲介業者が入居者付けに乗り出す!?

空室家賃保障がなくなる1ヶ月前になり、このままただ指をくわえて待っていたらたいへんなことになると思った私は、再び仲介業者の担当者に電話を入れました。

時間をかけてこれまでの経緯をすべて説明しました。

担当者は、またまた驚いていました。

そして、すべての話を聞いたときには怒りをあらわにしていました。

「この状況を放っておくわけにはいきません。私が直接現地に行きます。本店の店長にはすでに以前話をしているにも関わらず何の改善もされていないのですから、管理会社の本社に乗り込んで上の人と話してきます。それでだめならそんな管理会社に任せてはおけませんので、管理会社を変えましょう。」と言われました。

私としては、自分が本店に乗り込んで店長と直接話そうと思っていたところでした。

そこで、その前に仲介業者にも一報入れておいて、「私が本気モードで乗り込むので事前に電話一本入れて圧力をお願いします。」というお願いをしようと思っていたのです。

ですから、「私が行きますから」と言う前に、相手から「私が直接管理会社の本社に乗り込みます。」と言われたときには、最初は何を言われたのか理解できないくらい驚きました。

やはりこの仲介業者は信頼できます。

普通、不動産売買の仲介業者がこんなことはしません。

売ったら売りっぱなし、あとはご自由にどうぞというのが常識です。

私の立場に立って動いてくれるこの担当者には心から感謝です。

そして、その翌日の夜、私のところにこの担当者から電話が入りました。

私が連絡した翌日すぐに動いてくれたのです。

それもこの地方都市まで行って、本社に乗り込んでみっちりと話してきてくれたようです。

そのフットワークの軽さ行動力に頭の下がる思いでした。

結論としては、管理会社の本社が本気で動いてくれるという約束をとりつけてきたということでした。

これまで全く動いていなかった本社の法人営業部も総力を挙げて私の物件の入居者付けをしてくれるそうです。

仲介業者の担当者からは、「あなたの物件は、私たちがこの都市で扱う最初の物件であり、この管理会社とのお付き合いも今回が初めてです。そのため、ご心配をおかけしました。この管理会社が、きちんとやってくれるようなら今後もどんどんお客様を紹介しますが、そうでなければ切り捨てます。私たちが紹介した物件で投資に失敗されるお客様を出すわけにはいかないのです。」と言われました。

何とも心強い言葉です。

この仲介業者は超大手というわけではありませんし、投資物件を専門に取り扱う業者として事業の拡大を図っているところですから、顧客からの信用第一で、会社の威信をかけて取り組んでいるということがひしひしと伝わってきました。

これで管理会社がどう動くか、またしばらく様子を見ることになりました。

実際に入居者が決まるのかどうかはこの時には全くわかりませんでしたが、この仲介業者の影響力の大きさを肌で感じました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る