【道のり092】不動産投資で売主への交渉

投資用不動産物件を購入してから2ヶ月が過ぎましたが、11部屋あった空室は一室も埋まりません。

人の動きが少ない時期であることは確かですが、2ヶ月間で1部屋も埋まらないというのはさすがに心配になってきました。

購入してから6ヶ月間は、売主から現空室について90%分の家賃保障があるので、今現在1部屋も埋まっていなくても収入面では問題ありませんが、この状況で6ヶ月の間に本当に満室にできるのか、不安になってきました。

購入後の2ヶ月間は売主負担フリーレント1か月分と管理会社に支払う広告費を2倍にするとの約束は、1部屋も埋まらないままで期限切れです。

この条件が外れれば、今後入居者付けはさらに厳しくなります。

そこで、仲介業者を通して売主に交渉してもらうことにしました。

この物件の売主はこの仲介業者の関連業者のようなので、仲介業者の担当者に相談すれば話が早いです。

2ヶ月ぶりに担当者に連絡をとり、今現在1部屋も埋まっていないことを伝えると、「あの物件が1部屋も埋まらないのですか?」とかなり驚かれました。

そして、「どうして入居者が決まらないのか、私からも管理会社に連絡をとって確認してみますので、しばらく時間をください。」と言われました。

それから2日後くらいに、仲介業者の担当者から連絡がきました。

管理会社の店長から話を聞いたところ、「この時期は人の動きが少ないことと、近隣の賃貸不動産の状況も全体的にあまりよくない状況であり、努力はしているがなかなか入居者が決まらない。」という返事だったようです。

しかし、そんなことは最初からわかっていることです。そういう状況でも、この物件でこの家賃ならすぐに決められると言ったのはこの店長です。

仲介業者の担当者からは、「店長にはかなり強くプッシュしておいたので、もう少し様子を見ましょう。」と言われました。

そして、「売主側にこの状況を伝え、空室家賃保障のついている6ヶ月間は、ずっとフリーレント1ヶ月分と広告費2倍の負担をしてもらえることになりました。」とも言ってもらいました。

やれやれ、これで少しほっとしましたが、現在11室が空室であることに変わりはありません。

何としても半年の間に満室にしなければ、、、。

私自身も管理会社に定期的に連絡をとって、一部屋でも埋まるように私にできることは何でもやろうと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る