【道のり091】不動産投資で現入居者に贈り物をする

ちょっと遅い昼食をとってから、管理会社を訪問しました。

その際には、管理会社への手土産を持参するとともに、東京で買ってきた東京らしい贈り物を15軒分持って行きました。

これは、現入居者の方へ配ってもらうためのものです。

1つ1000円弱のものですから、全部で15000円程度のコストです。

ただ配ってもらっても意味がありませんので、オーナーからの手紙をつけています。

これには2つの意味があります。

1つは、現入居者の方に少しでも長く住んでもらえるように。

オーナーと管理会社が変わり、入居者の方の中には少なからず不安を抱えている方がいます。

また、家賃等の振込先も変わりましたので、面倒な手続きをしてもらってもいます。

そこで、オーナーからの手紙で「今後も管理会社ともどもしっかりサポートしていきますから安心してください。」ということを伝え、ちょっとした気持ち程度ですがお菓子をお渡しすることにしました。

もう1つは、現入居者の方に新たな入居者を紹介してもらいたいということです。

現入居者の方はすでにこの物件に住んでいるわけですから、この物件のよさは十分にわかってもらえていると思います。

もし知り合い等を紹介してもらえれば、入居してもらえる可能性は高いのではないかと考えました。

そこで、もし入居者を紹介してもらえたら、紹介者と新入居者双方に、お礼として家賃半月分程度の商品券をお渡しすることにしました。

その旨も手紙には記しています。

これには家賃一か月分の負担が生じますが、その代わり、この紹介制度で入居者が決まった際には管理会社に支払う広告費一か月分を削ってもらうようにお願いしましたので、私の実質負担はゼロです。

この方法をとっても入居者が一人も決まらないかもしれませんが、少しの可能性でもあるならば、何もしないよりはましかなと思ってやってみることにしました。

ということで、管理会社の担当者Tさんには、手紙と贈り物を現入居者全員に直接手渡ししてもらえるようにお願いしました。

当初は、私がTさんと一緒に一軒ずつ回って直接あいさつした方がいいのではないかとも考えたのですが、私は普段全く顔を出せませんし、今後の物件管理はすべてTさんに責任をもってやってもらうわけですから、Tさんに入居者の方一人ひとりと早く親しくなってほしいという思いもあり、今回の個別訪問はすべてTさんにお願いすることにしました。

この方法は、すぐに結果が出るような方法ではないと思います。

身近にすぐに転居したい人、それも、自分と同じマンションに住んでもらいたい人など、そうそういるものではありません。

ですから、数ヶ月先、数年先に期待して楽しみに待つことにしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る