【道のり089】不動産投資で入居者へのプレゼントを用意する

入居者募集のために、打てる手はすべて打ちたいと思い、部屋の内覧者が入居を決めたくなるような方法についていろいろ考えました。

一つは、入居者募集用のカラー資料とともに、このマンションの近隣のいろんなお店の紹介資料を部屋に置くことです。

入居募集用の資料は、管理会社が作ったものよりもずっと充実した内容のものを作成し、すでにいろいろなところに配って回ってもらっています。

部屋探しをしている人にカラー資料を渡してもらえるようたくさん印刷して渡してもらっているのですが、実際には白黒コピーが出回るのではないかと思っています。

白黒コピーされたものと、カラーで写真がきれいに写っているものとでは、それを見た印象には雲泥の差が出ると思います。

そこで、部屋にカラーできれいな資料を置いて内覧者にそれを持って帰ってもらえるように考えました。

また、近隣にどんなお店があり、生活用品その他のいろいろなものはどこのお店で買うといいかがわかるような資料を作りました。

これも写真盛りだくさんで、カラーできれいな資料です。

それを物件資料と一緒に封筒に入れて部屋に置いて見てもらうことで、入居後の生活のイメージがわくはずです。

入居後にどんな生活ができるのかの見通しが立つということは、部屋を決めるうえでとても重要なポイントだと思います。

そして、部屋にはいろいろなプレゼントを置くことにしました。

一つはテーブルです。

これはインターネットで安い折りたたみテーブルを探しました。

1万円程度のものですが、サイズも使い勝手もかなりよさそうなものです。

この物件は全室ワンルームですから、入居者は学生や若い社会人が多いです。

初めて田舎から出てきた人にとっては、部屋にテーブルがあるというのはうれしいものだろうと思い、用意することにしました。

この1万円のコストを高いとみるか安いとみるかは人それぞれですが、私は1万円の投資で早く部屋が埋まるなら安いものだと思います。

そして、そのテーブルの上には小物をたくさん詰め込んだバスケットを置くことにしました。

そのバスケットの中には、引越してきてすぐに必要になるものをまとめて入れることにしました。

シャンプー、リンス、ボディソープ、ティッシュペーパー、トイレットペーパー、入浴剤、歯磨きセット、タオル、ブラシなどです。

引越してきたときにはたくさんのダンボール箱の山でしょうから、どこに何を入れたかわからなくなることも多いものです。

「どこに入れたかなあ?」なんて探し回らなくてもいいように、すぐ使うものセットをプレゼントすることにしました。

これらは、100円ショップですべてそろいます。

車でドカンと11部屋分をまとめ買いしに行きました。

実際、バスケットいっぱいに物を入れても、そのバスケット代も含めて1部屋分が1,000円程度ですみました。

そこにオーナーからの手紙を添えてさりげなく部屋に置いておけば、内覧者の印象も多少は変わるでしょう。

それらを車に積んで、再び現地に行くことになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る