【道のり075】新たな不動産投資物件の情報を得る

初めて買い付けを入れた不動産投資物件がキャンセルとなってから約1ヵ月後、同じ地域で新たな物件が出たという情報が入りました。

前回の物件は某地方都市のもろ中心部でしたが、今回の物件は中心部からはちょっとはずれたところにあります。

早速物件概要書を送ってもらってチェックしてみたところ、なかなかよさそうです。

外観は全面タイル貼りで質感が高く、更に共用廊下やバルコニーの内側に至るまであらゆるところにタイルが施されており、これまで見てきた物件の中でもトップクラスの高級感です。

それでいて、前回の物件と同じくらいの金額ですから、かなり割安感があります。

築16年ですが、2年ほど前に屋上防水修繕を終えていますのでCAPEXリスクも軽減されています。

電車は2路線3駅が使えて、中心部へは電車で10~15分くらいで出られます。

最寄り駅からは徒歩6分で、近隣には大学や短大、専門学校がいくつかあるのと、大手企業もたくさんあります。

なかなかいい環境なのですが、実は問題もあります。

1R全26室のうち、現況で11室が空室なのです。

賃貸物件で一番動きの激しい2月末までは満室だったのに、その時期にある会社の社員寮として契約する話が舞い込んできたために、室数確保のため3月は入居募集をするのとは逆に、入居者に退去を募ったという経緯があるとのことでした。

結局その話が流れて、空室だけが残ったということらしいです。

そんなおかしな話が本当にあるのか、、、。

普通だったら完全に疑ってかかってこの物件はスルーしてしまうところですが、信頼のおける業者からの情報ですから、実際に物件を見てから検討しようと思いました。

ただし、どちらにしても26室中11室もが空室の状況で普通に購入を決断することはありえません。

空室分について半年間は現オーナーが90%の家賃保証をするという条件つきだったため、検討することにしたのです。

担当者の話では、現状の募集は建物に「空室あり」という看板を立てているだけとのことなので、再度広く募集をかければ、市場に募集の事実を周知させる期間は必要だとしても、需要の規模からして稼働率は早晩に回復するだろうとのことでした。

これまではオーナーの自主管理の物件だったにも関わらず、たいして積極的な募集をしないのに高率で稼動できていたというところに、この物件自体の価値が高いのではないかとも思い、とにかく見に行ってみることにしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る