【道のり047】FXで損失5億円!?破産&離婚&うつ病!?

サブプライムローン問題によるクロス円の急落で資金ショートをし、私はFX資金のほとんどすべてを失いました。

勝率100%だったはずなのに、なぜこんなことが起こるのでしょうか。

この方法では損切りをしないわけですから、ひたすら塩漬けしていれば、強制的に退場になるまでは勝率100%ということです。

あくまでも、資金ショートするまでは勝率100%であったわけです。

こんな馬鹿な話ってあるでしょうか。

「100%安全」と謳った車が重大な事故を起こし、「事故を起こす寸前までは100%安全でした。」と言っているようなものです。

ただ、日本でFXが始まってからはずっと長期円安トレンドに乗っていましたから、この円安トレンドが続いている間はきっとこの方法は有効だったのでしょう。

しかし、このサブプライムローン問題をきっかけに、日本は円高トレンドに入ります。

この方法は、長期円高トレンドに入ったら破産者続出ですね。

ただ、この当時、まさかドル円が100円を割るなんて、想像もできませんでした。

それが、100円どころか80円を割る時代に入ったわけですから、こんな状況になるとはほとんどの人が想像できなかったわけです。

一部のアナリストは予想していたという意見があるかもしれませんが、アナリストは極論が好きですから、本気で予想していたかどうかはかなり疑わしいです。

つまり、本気の円高を経験したことがなかった私たちには、この激しい円高の状況は想像もできなかったので、私を含めて大勢がこの危険な方法を実行してしまったのだと思います。

後日談ですが、この商材の販売者は、会員ホームページにお詫びの文章を載せました。

自分の予想も、自分のブレインの予想もはるかに超える状況で、みなさんにたいへんな損失を出させて申し訳ないと。

本人も自己資金のほとんどである5億円を飛ばし、その他国税局から脱税行為を指摘されて追徴課税を受けたことで自己破産もしたとのことです。

この人はホームページ上に奥さんと娘さんの写真も載せていましたが、奥さんのお金もFXで運用していたこともあって、お金のことで夫婦関係が崩壊し、結局離婚することになったそうです。

奥さんと娘さんと別れ、会社は倒産、自分も自己破産したことでうつ病を患い、しばらくは父親の年金に頼って生活しながら今後のことを考えると書かれていました。

この内容がすべて本当なのかどうかはわかりませんが、かなり生々しく書かれていましたので、きっと嘘ではないだろうと思いました。

この時代の情報販売者は、クレームが殺到したりうまくいかなくなったりしたら会社をつぶしたりして知らん顔して逃げるだけというパターンが多かったようですが、この人は正直にすべてを書いて謝罪しただけまだましかもしれません。

ただ、そんなことを言っても、この情報を信じた人が出した損失が補償されるわけではありません。

勝率100%を謳うなど、今なら絶対にあり得ないというのは誰もがわかっていますが、当時はFXについて詳しい人が少なかったこともあり、そんなひどい情報商材が当たり前のように売られていました。

それだけ、みんながFXを手探りでやっていたということです。

それにしても、FXで5億円の損失、自己破産、離婚、うつ病とは、、、人生どん底ですね。

私もかなり痛い目にあいましたが、普通の生活を送れているだけましかもしれないと思いました。

私も被害者ですが、やはりFXは自己責任で行うべきなので、最終的にはこの情報を信じた自分が馬鹿だったと思うしかないですね。

(このような経験があったからこそ、勝てるトレード手法の構築につながったとも言えますが。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る