【道のり040】FXで重要指標発表時に稼ぐ

自分なりにいろいろ工夫しながらトレードをしてきましたが、こんな素人が自分の感覚だけで明確なルールなしのトレードをしていってずっとうまくいくわけがありません。

やはり、徐々に損失が積み重なっていきました。

特に、ハイレバレッジでのトレードなので、一回のロスカットでかなりの損失が出ます。

気づいたら100万円の資金はもう50万円を割っていました。

このままではいけないと思い、何かいいトレード方法はないかとネット上でFXの情報を探してまわりました。

この頃は、インターネット全般がずいぶん充実してきていましたが、FXの情報についてはまだあまり得られませんでした。

数少ない情報から自分でトレード方法を探っていくしかありませんでした。

そんな中で、経済指標発表時にしぼってトレードをする方法を試してみることにしました。

これまでは、レンジ相場でのスキャルピングを基本としてトレードしてきたので、指標発表時はレンジブレイクの可能性が高いためトレードをひかえてきました。

しかし、重要指標の発表後に相場が大きく動き、そこで利益を上げている人が少なからずいるということを知り、私も試してみることにしました。

最も相場が動く経済指標は米国の雇用統計ですから、その瞬間を待ち構え、動いた方向に合わせてポジションをとってみました。

これが、かなりうまくいきました。

一回のトレードで50pipsほどとることができ、ずいぶん損失を取り戻すことができました。

それに味をしめて、雇用統計以外の重要指標もチェックしてトレードしてみました。

その指標の大きさにもよりますが、10~20pips程度の利益ならけっこう楽に取れることがわかりました。

OCO注文を使って、指標発表の30秒ほど前に、その時のレートより10~20pips上で逆指値買い注文と、10~20pips下で逆指値売り注文を同時に入れました。

その後、指標発表でレートがぐっと動いた時にどちらかの注文にかかり、少ないときでも10~20pipsで利益確定、動きが激しいときは40~50pipsの利益を取ることができました。

この方法は、すべて成功するわけではありませんが、そこそこいい結果が得られました。

ただ、指標発表直前の状態ですでにレートの動きがある程度激しいときには、発表の結果を見てからポジションを取るようにしました。

ドル円よりもユーロドルの方がレートの動きが激しいことを知り、レンジブレイクした場合はユーロドルの方が大きな利益を狙えるので、指標発表時はユーロドルでもトレードするようになりました。

この方法で、資金を何とか100万円まで戻すことができました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る