【道のり001】初めてお金の運用について考える

私が初めてお金の運用について考えたのは、10代後半の頃でした。まだバブルが崩壊する前のことです。

大学に入るまではアルバイトをしたこともなかったので、自分で自分のお金の管理などはしたことがありませんでした。

子どもの頃からお年玉やお小遣いなどをためたお金を、親が私の銀行口座と郵便局の口座を作ってそこに入れてくれていました。

基本的には、銀行や郵便局の普通の口座に預けておき、ある程度まとまった金額(10万円程度以上)がたまったら親が定期預金等を組んでくれていました。

大学に入って一人暮らしを始めたころ、その通帳を親からもらいました。

いくら入っていたかは記憶にないのですが、思ったより入っていたような印象があります。

その時、郵便局の通常貯金口座と、銀行の普通預金口座の金利に違いがあるということに初めて気づきました。

当時は、郵便局の通常貯金の金利の方が、銀行の普通預金の金利より、約1%も高かったのです。

単純に、普通の口座にお金を入れておくだけでも、郵便局の方がずっとお得だということに気づきました。

また、定期預金等についても、銀行の定期預金より郵便局の定額貯金の方が、ずっと金利がいいこともわかりました。

そこで私は、自分のメイン口座は郵便局の口座にし、いろんなお金をこの口座に集約するようにしました。

このことが、私がお金の運用について考え始めるきっかけとなりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る