2015年夏のアメリカ旅行(第19回)~ラスベガスのフレモントストリートの『光と音のショー』は必見!~

夕方になってから、フレモント・ストリート・エクスペリエンス(Fremont Street Experience:FSE)に行きました。

発音が微妙でフリーモントストリートとも言われていますが、ここはギフトショップをはじめとしたたくさんのお店が並んでいるアーケード街になっていて、そのアーケードの天井には大迫力の映像が流れるようになっています。

夕方行ったので道が混んでいて、ラスベガスのメインストリートであるストリップの端(MGMグランドホテル)からタクシーで30分くらいかかりましたが、道がすいていれば15分ほどで行けると思います。

↓入口はこんな感じ。
201507usa19-01

アーケードに入る手前まではさほど混んでいませんでしたが、そこから先は大混雑でした。

201507usa19-02
201507usa19-03

アーケードの天井あたりを4~5人の人が飛んでいく姿が見えたので後ろを見てみると、高いビルの上からアーケードに向けて長いワイヤーがはってあり、そこのワイヤーに人が吊られてアーケードの中を飛んでいくようなアトラクションになっていました。

これは前回ラスベガスに行った時にはなかったので、かなり驚きました。

201507usa19-04
201507usa19-05

↓中央の建物の光っている3つの窓の上からワイヤーが伸びていました。
201507usa19-06

↓終点はこんな感じ
201507usa19-07

フレモント・ストリート・エクスペリエンス(Fremont Street Experience:FSE)には安いギフトショップがたくさんあるので、ラスベガスのお土産を買うのには最適です。

また、アーケードの途中にいくつものステージがあり、いろんなイベントをやっています。

201507usa19-08
201507usa19-09
201507usa19-10

いろんな音楽が流れているのでところどころで踊っている人がいたり、楽器を演奏している人がいたり、人を集めてダンスを披露していたりするので、それらを見ているだけでも十分楽しめます。

201507usa19-11
201507usa19-12
201507usa19-13

中でも一番の見ものは、毎日、日没後1時間おきに行われる無料の電飾ショーです。

フレモント・ストリート・エクスペリエンス(Fremont Street Experience:FSE)は長さ約420mのハイテクアーケードで覆われ、そこに 210万個の電球と数十台の高性能スピーカーが取り付けられており、歩行者の頭上で光と音のショーがくり広げられるのです。

ショーが始まると、道を歩く人たちはみな立ち止まって、頭上のスクリーンを眺めています。

201507usa19-14

大迫力のショーですから、写真やビデオを撮っている人も多いです。

こんなショーが無料で見られるのですから、行かなきゃ損ですね。

フレモント・ストリート・エクスペリエンス(Fremont Street Experience:FSE)は、ラスベガスを訪れたら必ず行くべきところだと私は思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る