2015年1月の家族旅行【東京ディズニーランド】(第1回)~最もすいている1月でも週末はホテルが満室~

妻が仲良くしてもらっているママ友たちが、みんなで『東京ディズニーランド』に行く計画を立てている、という話を1ヶ月くらい前に聞いていました。

「もしかしたらまた私もかり出されるのか!?」と心配していたのですが、案の定、「今週の土曜日は『東京ディズニーランド』に行くから予定をあけといてね。」と言われました。

父親も一緒に4家族で行く計画になっているようでした。

それも東京ディズニーランドがかなり混みあうことがあらかじめわかっている週末に、、、。

どの家も父親は仕事が忙しいようで、何ヶ月も前から調整してようやくこの週末なら大丈夫となったようです。

すべてのアトラクションで長時間並ばなければならないことが容易に想像できますから、正直なところ私は行きたくなかったのですが、かなり楽しみにしている妻にそんなことを言ったら一週間くらい落ち込みそうだったので、仕方なく行くことになりました。

日帰りかと思っていたら、どの家もホテルをとって1泊するということだったので、急いでホテルを探すことになりました。

4日前の予約ということもあって、空いているホテルを探すのはかなりたいへんでした。

もともと予定していた土曜日は周辺のホテルだけでなく少し離れたところのホテルまでがすべて満室だったのと、東京ディズニーランドの日付指定のチケットも売り切れとのことでしたので、さすがにこんなに混雑している日に行くのはやめようということになり、急遽日曜日に変更することになりました。

1月は1年間のうちで東京ディズニーランドが最もすいている月という話でしたが、それでも週末はこんな状況のようです。

日曜日も、東京ディズニーランド周辺のホテルはすべて満室で、隣の新浦安駅の周辺ホテルに若干の空室があるということでしたので、急いで押さえました。

東京ディズニーランドは1週間の中で土曜日が最も混み合うようで、日曜日の方が若干すいているとのことでした。

それにしても、ホテルの予約がこれだけ埋まっているのですから、東京ディズニーランドは当然かなりの混雑だと予想されます。

かなり気が重くなりました。

さらに、日曜日の宿泊ということで、月曜日の朝早い時間にホテルから職場に直行する人まで出ます。

「こんな状況ならやめればいいのに、、、」と思うのですが、女性たちはどうしても行きたいようで、大混雑でたいへんな思いをすることを覚悟して行くこととなりました。。。

チケットは当日買う場合は長時間並ばなければならないので、前々日に妻が買いに行きました。

職場の団体割引料金で買うことができましたが、それにしても高いですね。

201501trip-tdl01-01

うちは大人2人と子ども2人ですが、娘は4歳なので子ども料金がかかります。

5,800円×2+3,900円=15,700円

かなり高いですね。

これでも通常料金から1,500円引きです。

息子が大きくなったら家族4人で2万円超えです。

しょっちゅう遊びに行けるところではないなと思いました(笑)。

ホテルも職場の宿泊助成金が出るので6,000円引きになりますから、合計7,500円引きとなりました。

福利厚生制度のおかげで家計は助かりますね。

ホテルと東京ディズニーランドの入場チケットの用意が整い、あとは覚悟を決めて行くだけとなりました。

かなりたいへんな思いをするのだろうとブルーな気持ちになりながら当日を迎えました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る