2014夏の家族旅行(第19回)~岐阜駅周辺を散策しました~

昼ごろには岐阜市内に入りました。

駅に近いところにあるコインパーキングに車を停め、まずは名鉄岐阜駅に向かいました。

2014summer-trip19-01

私が以前ここに来たのは20年以上前ですから、岐阜駅前はその頃とは比べものにならないくらいきれいになっていました。

しかし、駅前の大通りを見た時に衝撃の事実が、、、。

2014summer-trip19-02

駅前の大通りもとてもきれいに整備されていたのですが、そこにあるはずのものがなかったのです。

私が今回名鉄岐阜駅まで足を延ばした最も大きな理由は、岐阜駅前の路面電車を妻や娘に見せたかったからです。

岐阜駅前の路面電車は名鉄(名古屋鉄道)の経営で、真っ赤な電車が特徴的でした。

大きな駅前を走っている真っ赤な路面電車に乗ってみようと思っていたのに、駅前はごく普通の広い道路になってしまい、路面電車はきれいに消えていました。

私としては、これを楽しみにしていたので、けっこう衝撃的でした。。。

早速スマホで調べてみたら、渋滞問題等により2005年4月1日に全線が廃止になっていたようです。

すでに9年前ですね。

↓路面電車が走っていた当時の写真がこちらです。
2014summer-trip19-03

↓だいたい同じ場所の今の写真(今回とったビデオから切り出しました)
2014summer-trip19-04

外観は変わっていますが、『KIKUYA』という店名が書かれていますので、同じ場所だとわかりますね。

かなりがっかりしましたが、今回はこの現状を見ただけでよしとしておきます。

気を取り直して、すぐ近くのJR岐阜駅に行ってみました。

2014summer-trip19-05

私の中ではJR岐阜駅の記憶はあまりなかったのですが、かなり大きな駅でした。

2014summer-trip19-08

岐阜駅前のシンボル、黄金の織田信長像を発見しました。

かなり目立っています。

2014summer-trip19-062014summer-trip19-07

駅構内に入ってみるとたくさんのお店が入っていたので、ここで昼食をとろうかとも思ったのですが、お店を探してみると東京にもあるようなお店ばかりで、岐阜ならではものが食べられるようなお店は見つからなかったため、見送りました。

その後、名鉄岐阜駅前の大通りに戻り、どこで昼食を食べようかといろんな店を探してみましたが、やはりどこにでもあるようなお店ばかりで、岐阜の名物を食べられるようなお店はみつかりませんでした。

そもそも、岐阜の名物というものがそんなに多くないのかもしれませんね。

飛騨牛は名物だと思いますが、朝食をホテルでたっぷり食べていたので、あまり重たいものは食べたくないという思いもあり、ここで大きく方向転換することにしました。

この日は夕方まで岐阜の街を散策しようかとも思っていましたが、どうも普通の街という感じで特別な見どころがみつけられなかったので、早めに名古屋に戻ることにしました。

どこかのお店に入って昼食を食べてもいいですが、私と妻はさほどお腹がすいていなかったことと、どこでも食べられるようなものを食べるくらいなら早く名古屋に戻って名古屋名物のおいしいものを食べた方がいいと考えたからです。

娘のために軽くつまめるようなものをスーパーで買って車の中で食べさせながら、名古屋に向かいました。

2014summer-trip19-09

この日は朝から移動の連続でしたが、朝から雨が降ったりやんだりといった感じだったので、ちょうどよかったかなと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みなさんへのお願い】

今後さらに充実した情報をお届けするために、1日1回の応援クリックをお願いします!

こちらを1クリック[にほんブログ村]
こちらも1日1回クリック[FC2ブログランキング]
最後に1回クリック![ブログの殿堂]




関連記事

将来に備えて小資金から始める資産運用

【初心者向け】FXで資産運用

大きな資金がない方は、まずはFXを使って効率的に投資資金を作りましょう!

FXを活用した資産運用

↑クリックして詳細確認↑
1,000人以上の方が検証して、FX初心者でも利益が出せることを確認した方法を完全無料で学べます。


【FXを本気で学びたい方へ】

常勝トレーダーの利益の出し方がわかります。
↓こちらから↓
FX常勝トレーダー無料養成ブログ

おすすめFX会社

最近の投稿

カテゴリー

注目記事

  1. ■完全無料の常識破壊FXはリスクが高いというのは全くの誤解です。リスク管理をしっかり行っていればFX…
  2. 投資を始めるにあたって最初にやるべきことは『守りの投資』であるということをお伝えしました。 これを…
  3. 私たちは、世界の中でも特別に豊かで便利ですばらしい国である日本に生まれ生活していますが、そんなすばら…
ページ上部へ戻る